必要に応じて

手の中の指輪

女性というのはアクセサリー類が好きなものですし、それが恋人からもらう特別なものならなおさらで、風潮は一時のブームに終わらずセオリーとなっていったのです。これに困ってしまうのは男性で、婚約指輪だけならともかく、結婚した後には式を挙げたり新生活がはじまったりと、お金がかかってくるのです。それゆえなるべくなら節約したいところで、それにも関わらず婚約指輪を求められるというのは、時と場合によっては困ったことになってしまうのです。

そもそもプロポーズに添えるのも、その婚約指輪が給料三か月分というのも、あくまでジュエリーショップのキャンペーンであって、法的には無関係であり伝統でさえもないのです。アクセサリーが必要なら結婚指輪がありますので、無理することはなく、もしもそれで文句を言われるようならプロポーズを撤回した方がいいかもしれないのです。 ただし男性側としてどうしても贈りたい、喜ぶ顔が見たいということはあって、そういう時には贈った方がいいのです。その時には最低限でも指のサイズと好みを知っておくこと、これが婚約指輪に限らず指輪を購入する際に必要となってくるのです。後からサイズを直すこともできますが、なるべくならぴったりのものを贈るのがいいのです。